2008年2月29日金曜日

第七段 広有射怪鳥事

段名について「こうゆうしゃかいちょうじ?」と読んでしまった時期が管理人にもありました。
これは、元々『太平記』巻十二に出てくる話の題名でして、通常の日本語で読み下すと
「広有、怪鳥を射るの事」となります。
(某弾幕STGの5ボステーマの曲名にも使われてますねぇ・・・。あれは良い曲)
どんな話か、概略を以下にかいつまんで説明させて頂きます。
1.南北朝時代、後醍醐天皇のおわす内裏の屋根に、「いつまで・・・」と不気味な鳴き声をあげる鳥が現れます。
2.この怪鳥の鳴き声で洛中には、不眠症になる人々が続出。
3.公卿連が対応を協議した結果、隠岐広有(おきのひろあり)という北面の武士に怪鳥退治を命じます。
4.広有は自慢の弓で怪鳥を撃ち落とし、これを嘉した後醍醐天皇は、彼に広大な所領を与えました。
以上のような話です。

この話、うち続く乱世に有効な手を打てない後醍醐政権を暗に風刺した話だと言われます。
「いつまで、この地獄絵図が続くのか」、「いつまで、権力にしがみついているのか」と・・・。
そう鳴く鳥を、武士を使って射落としている政権側。
民の不平不満を警察や軍隊といった暴力機関で対処療法的に抑え込んでよしとする、為政者の暗黒面が問わず語りに炙り出されています。
そして悲劇的(喜劇的?)なことに、『太平記』の描く時代から600年以上たつ今日の世界においても、これと同じような話がゴロゴロしています。
たしかに、民の不平不満など一朝一夕に解決できるものではありませんから、一時的に対処療法に頼らざるを得ない場面もあるでしょうし、その時行使する手段について、奇麗事など言ってられない場面というのも多々あるのでしょう。
ただし、対処療法はあくまで一時しのぎ。怪鳥を撃ち落として喜んでいた後醍醐政権の面々も、結局は都を追われることになりました。
最近国民の不満が鬱積しているらしい某国政府には、「歴史を鑑として」、大量の難民が周辺国に押し掛けるような事態や、グローバル・マーケットにネガティブな影響を与えかねない経済的・政治的混乱を未然に防ぐためにも、対処療法止まりではなく、国民の不平不満が暴発しないような統治システムの構築を願いたいものです。

まあだからと言って、問題を抱えている国に、外側の人間が「俺の言う通りにしろ」的に直接乗り込んでいって外部の制度や法概念を押し付けてももうまくいかないことは、最近ではイラク、アフガンを見れば明らか。
(むしろ、余計な混乱と災厄を引き起こしているとしか言いようがありません。(´-`)=3
もっと「夷を以て夷を制す」的な発想が見直されてもいいんじゃないですかねぇ。現地のことは清濁併せて現地勢力がよくわかっているわけだし。)
自分たちの権益・安全に直截的かつ明白な脅威が発生しない限り、外側の人間は現地政権の改革姿勢を静かに見守るべきでしょうな。
(と言うか、もしある国で混乱・騒乱が発生した場合、その悪影響が外部(特にグローバルマーケット)に波及しないものであるならば、外部は一切干渉をすべきではない、と管理人は考えます。)

2008年2月24日日曜日

第五段 画戟雕戈、白日寒し・・・

トルコ軍イラク北部侵攻について、各国の利害得失を徒然なるままに想像していきたいと思います。

1.トルコ
  ・イスラム主義を掲げ、世俗派の牙城である軍部とは折り合いの悪い現政権にとって、
   今回の一件は、一時的にせよ、軍部の矛先を自分たち以外に向けさせられる点、
   クルド人問題で比較的強硬な軍部に対して一定の配慮を見せたことにできる点で、
   悪い話ではありません。
   ただし、作戦が泥沼化したり、トルコ領内におけるテロ活動が活発した場合、現政権にとっての命
   取りになりかねない危険性はあります。
2.米国
  ・ただでさえ、イラク国内の治安安定化に手間取っている米国にとって、更に状況を複雑化させか
   ねないトルコの今回の行動は「勘弁してくれ」というもの以外の何物でもないでしょう。
   ただし、コーカサス地方や中央アジア、イランに対して米軍のプレゼンスを示していく上でトルコは
   欠かせない同盟国。愉快ではないが、作戦が短期に終わるのならやむなしと言った所でしょうか。
3.EU
  ・トルコのEU加盟反対派にとっては、当作戦に伴う市民の犠牲等をクローズアップすることで、
   比較的容易にトルコ加盟反対キャンペーンを張れるので、悪くない話でしょう。
   逆に加盟賛成派は、短期かつ小規模の犠牲で当作戦が終結することを祈っているのでは。
4.ロシア
  ・トルコ軍の作戦地域がイラク有数の油田地帯にあたるため、今回の一件は原油価格の押上要因
   として機能すると思われます。これは、価格が急騰するエネルギー資源をテコに国際的影響力を
   高めようとするロシアにとっては、悪くない話です。
   また、歴史的経緯からトルコの軍事行動に対する不安感を高めるアルメニア等のコーカサス諸国
   に対し、軍事的安定を手っ取り早く提供できることをアピールし、コーカサス諸国に対するロシア
   の影響力を一層高めることもできます。
   また、当該作戦によってトルコに対する欧米の風当たりが強まった場合、領土保全を旗印に
   トルコに接近し、NATOに楔を打ち込むことも可能になります。
   今回の一件、ロシアにとっては朗報かもしれません。
5.イスラエル
  ・敵対するシリア、イランの注意を分散できるという意味では悪くない話です。ただし、中東での
   数少ない友好国であるトルコの弱体化は、イスラエルも望まないでしょう。
   ひょっとすると、インテリジェンス面での協力等を通じて、陰ながらトルコの行動を支援し、事態の
   早期終息を目指すことになるのでは。
6.シリア、イラン
  ・両国とも、親米国家であるイラクそしてトルコの国内に存在する米軍に脅威を感じて
   います。その両国にとって、イラク、トルコを混乱に陥れかねない今回の一件は、一見朗報に
   見えます。ただし、今回の一件でトルコが一方的に勝利した場合は、莫大な原油へのアクセス
   を手中におさめ、ユーフラテス川等の水源の支配を一層強固にした親米国家トルコの登場を
   考えねばなりません。逆にトルコが一方的に敗北すれば、シリア、イラン両国内におけるクルド
   人の政治活動が活発化しかねません。
   恐らく、シリア、イラン両国とも、トルコとPKK両方にパイプをつなぎ、明確な勝敗が出ないよう、
   都度不利になった側を支援していくことになるでしょう。

今後の事態の推移としては、CNN等の国際規模のマスコミが作戦に伴う市民等の
犠牲に注目する前に、ある程度PKK幹部の身柄を拘束できればトルコの勝ち。
逆にマスコミが犠牲の拡大について騒ぎ始めるまで事態を引っ張れれば、
PKKの勝ちといった所ではないでしょうか。

第四段 烽火三月に連なり・・・

少し遅いニュースになりますが、2月22日、トルコ軍がイラク北部に侵攻を開始した模様です。目的はトルコからの分離独立を目指すクルド人組織PKKを掃討することにあるとのこと。中東という地政学上のホットスポットで翻弄され続けるクルド人の悲話はここでは割愛しますが(気になる方はここをどうぞ)
この作戦の舞台となるイラク北部はモスルからキルクークまで広く油田地帯が広がっています。
2003年のサダム政権崩壊後、そこの油田から得られる収益をめぐってバグダッド政府(シーア派アラブ人中心)と地域政府(クルド人中心、とはいっても必ずしもトルコ軍が標的としているPKKとの関係は良好ではないのが複雑な所)の緊張関係があったのですが、そこにトルコという外部勢力が、事情はどうあれ手を突っ込んできたわけです。
しかも、トルコにとってイラク北部は、20世紀初頭のオスマン帝国崩壊時に、石油権益を狙う英国の策動によって無理矢理帝国領からイラク領に分割・編入されてしまった地域でもあります。
当然、イラク諸勢力やシリア、イラン等の近隣諸国は、PKK掃討を口実にトルコが原油豊富なイラク北部を自国の勢力圏としてしまわないか、かなりの警戒をもって事態を注視しているものと考えられます。
イラク安定化に内外諸勢力の協力を必要とし、同時にトルコを重要な同盟国とする米国にとっては非常に痛し痒しな状況が発生したことになります。
また、2月中旬にはヒズボラ軍事部門指導者ムグニエ氏がシリア・ダマスカスで爆殺されています。
解決の糸口が見いだせないパレスチナ問題、見通し不明なイランの核問題に加え、世界の火薬庫中東に新たな火種を投げ込むような動きが最近続いています。
果たして大規模誘爆が発生するのか、誘爆は発生するものの小規模なものに止まるのか、誘爆せずに事態は収束していくのか、しばらくイラク北部とそこでの事態をめぐる各国の動向からは目が離せそうにありません。

2008年2月17日日曜日

序段 徒然なるままに・・・

管理人が投資を始めて、はや5年。その間、いわゆる「小泉改革」やらイラク戦争、中印等新興国の台頭、コモディティ価格の急騰、その他様々な思いもよらぬこと、新奇なことを見聞し、時には財政事情を左右されたことも御座いました。
今もまた、サブプライム・ローン問題が巻き起こした数々の事象から目を離せない日々が続いております。
ここでは、そんな浮草の如く安定しない日々に浮かんだ雑感などを徒然なるままに記述していこうかと思います。