2008年4月26日土曜日

第三十九段 箴言

箴言

他に道はないのかと考える時、大抵殆どの道が閉鎖済みである。その上、残った一本は地獄への一本道ときている。

進むも地獄、退くも地獄。そんな状況下に置かれた時点で既に負け組。
勝ち組は巧みに難局・難事を他人に擦り付ける。

決断はするな。皆が君を叱責したくてうずうずしている。
もし決断せざるを得ない状況下に置かれたら、皆の合意に従え。
少なくとも気分だけは楽になるし、言い訳も立つ。

悪しき慣習は良き改革に勝る。
悪しき慣習は少なくとも失敗した君の責任の一部をかぶってくれるが、
良き改革は君にとって良い改革とは限らない。

攻撃してくる輩は敵だ。撃ち殺せ。
親しげに近づいてくる輩はタチの悪い敵だ。撃ち殺せ。

自惚れ、自画自賛大いに結構。
さもなくば、他に誰が賞賛してくれるというのか。

他人の不幸だろうが幸福だろうが、
自分の利益になるなら蜜の味。
不利益になるなら千年の仇敵。
どちらでもないなら、これ以上どうでもいいことも他にあるまい。

フリーライドを恥じることはない。どうせ運賃を払う程の恩義でもないのだから。