2008年5月25日日曜日

第五十九段 今、極北が熱い!

長い間、氷と雪に閉ざされてきた不毛の北極圏ですが、ここをめぐる各国の権利主張が熱を帯びてきました。要因は、一つが温暖化による(とされている)氷の減少と原油や天然ガス、各種金属価格高騰によって北極海での資源開発が採算ベースに乗り始めてきたこと。もう一つは海氷の減少によって新たな航路開設の可能性が高まってきたことです。

今年5月28日からはデンマーク領グリーンランドにおいて、米国、露、加、ノルウェー、デンマークの5ヶ国で北極圏開発についての閣僚級会議が開かれることになりました。もし北極海の資源開発、特に石油や天然ガスの開発が進行すれば、エネルギー資源消費国にとってはOPECの意向に左右されない化石燃料がより多く供給される利点があります。問題は、投資家としてこの動きからどうすれば利益を引き出せるかということ。北極海やその周辺での資源開発進行から恩恵を受けられそうな企業でも探してみますか。

因みに日本や中国にとっても、北極海航路の開設は以下の点で福音です。

1.航路の治安向上
アジア・太平洋地域から欧州へ海路輸送を行う場合、マラッカ海峡、アデン湾・紅海、スエズ運河を経るとになります。しかしマラッカ海峡や
アデン湾・紅海は周辺諸国の治安維持能力が低いこともあって海賊どもの巣窟ともなっています。また、スエズ運河についても、管理者たるエジプト政府はスエズ半島に拠点を築きつつあるアル・カイーダ系イスラム過激派の摘発や、同じくイスラム過激派組織たるハマスが実効支配しているガザとの国境管理に失敗しており、運河周辺の治安悪化が懸念されています。従ってこの航路を利用しようとすると、船舶の安全管理や保険料に余計なコストが発生してしまいます。
一方の北極海では厳しい気候のために人口が希薄、周辺諸国のガバナンスや軍事・治安能力が比較的優れていることもあり、航行船舶が海賊やテロ活動に悩まされる可能性は、現行のアジア・欧州間航路よりも軽減されると思われます(もっとも航路開設後は関係諸国で何らかの安全協議機構が必要になってくるでしょうし、航行する船舶についても砕氷機能や二重船殻といった安全対策が新たに必要となってきますが・・・)

2.燃料コストの軽減
アジア・太平洋地域(ここでは東京を想定)から欧州(ここではロンドンを想定)に向かう場合、スエズ運河を利用する航路では約2.1万km、パナマ運河を利用する場合は約2.3万kmの距離があります。一方、北極海航路では距離が約1.6万kmで済みます。インドや中国のテイク・オフが燃料需要の拡大とかかる費用を押し上げていることを考えれば、北極海航路利用による節約効果は無視できないものと考えられます。

ふと思ったのですが、もし北極海航路が開ければ、新たな輸出拠点として北朝鮮の日本海側にある清津等の港湾都市が脚光を浴びてくるかもしれません。さて、そうなると北朝鮮を巡る米中の角逐にどんな影響が出てくるか、それも楽しみです。 ( ̄w ̄)