2008年10月28日火曜日

第百四十二段 大事なものは三つ。石油。石油。石油。

「石油の一滴は血の一滴」と申した時代が御座いました。2007年10月から始まり2008年7月にピークを迎えたWTI高騰期には、その言葉が身に沁みるような場面も多々あったと聞き及んでおります。そして今やWTIは下落に下落を重ねて「1バレル=64.40ドル」とピーク時の半分以下の価格水準。世界的景気後退懸念の強まりに、最早新興国の需要拡大による原油価格の上昇といったストーリーは見向きもされなくなった感が御座います。

そんな中でも、13億人以上の人口と何だかんだで9~11%の経済成長率を擁する中国は、今も原油の安定供給に貪欲な姿勢を堅持しているようで・・・・。そんなことを思わされたのが以下の2件のニュース。
中国:ロシアのロスネフチなど石油2社に250億ドル融資も-ロイター

10月28日(ブルームバーグ):ロイター通信は27日、中国がロシアの石油 会社ロスネフチと石油パイプライン会社トランスネフチに対し、両社からの輸出 を担保に最大で250億ドル(約2兆4000億円)規模の融資を行う可能性がある と報じた。ロシアはアジアのエネルギー市場での事業拡張を狙っている。

ロイターが事情に詳しい匿名の関係者の話を基に伝えたところによれば、中国 の温家宝首相は28日、ロシア当局者との間で石油調達の合意書に署名する。こ れにより、中国は向こう20年間にわたり、年間需要の4%に当たる3億トンの 石油が入手可能となる。

一方、ロスネフチとトランスネフチは信用収縮のなか、世界最大の外貨準備保 有国である中国から資金を調達できることになる。ロイターによると、ロスネフ チは120億-150億ドルを借り入れる可能性があり、トランスネフチはシベリア 東部のパイプライン建設のため、80億-100億ドルの融資を受ける見込みだ。 (出典:ブルームバーグ


中国向け支線建設で協定=ロシアの太平洋パイプライン

  【モスクワ28日時事】ロシアを訪問している中国の温家宝首相は28日、プーチン首相とモスクワで会談、両国のエネルギー協力推進などで合意した。これを 受け、ロシア国営パイプライン運営会社トランスネフチと中国石油最大手、中国石油天然ガス集団(CNPC)は、東シベリアからの石油を運ぶ太平洋パイプラ インの中国向け支線建設に関する協定に調印した。(2008/10/28-22:34)(出典:時事通信

ここ最近の金融危機でロシアの資源企業の資金繰りが厳しくなっているというニュースが度々報じられておりましたが、世界最大の外貨準備高(2007年時点では約1.5兆ドル)を誇る中国がここで登場してきました。「安くなったからもういいじゃない」とばかりに、原油輸入の中東依存是正、近隣諸国とのエネルギー分野での協力体制の構築といったエネルギー戦略を巡る議論が胡散霧消してしまった感のある日本を尻目に、金融危機で弱ったロシアの主要石油企業に救いの手を差し伸べ、しっかりと対価の約束を取り付ける中国政府の手腕は鮮やかなものが御座いますな。

危機・混乱の最中にあって助けるべき対象とそうでないものを識別する眼力、そして助けた相手からは支援に応じた対価をしっかり回収する(少なくとも対価の約束を取り付ける)交渉力といったものは、不安定性を増す五濁末世の世の中にあって、個人、組織を問わずに求められる場面が増えてくるものと思われます。今回の中国の行動は、その善い手本に思えたので当ブログでも取り上げたものです(まあ、協定が無かったことにされるとか、最終的には失策となる可能性も無いわけではありませんが・・・・)。

でも、こんなこと(リンク先:ロイター)を言って実際に米ドルが基軸通貨としての影響力を減じた場合、一番ダメージを受ける(国富的な意味で)のはそちらさん達なんじゃないですかねぇ・・・・。(△ ̄;)