2008年11月11日火曜日

第百五十三段 音速の遅い読書『GA-芸術科アートデザインクラス (2)』

今回の音速の遅い読書で取り上げるのは、以下の一冊。

GA-芸術科アートデザインクラス (2) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
きゆづき さとこ
コミック
芳文社
総合評価 5.0
発売日 2008-01-28

アマゾン通販

波濤激しきグローバル経済という大海の中、頼りになる組織・コネクションも無く、残された道は、毛沢東やスターリン、フランクリン・ローズヴェルトの如く、徹底した機会主義と実利主義をあらゆる局面において追求してサバイバルしていく道のみ。そんな荒涼人生を生き抜くことを決断した人間にとって、日々繰り返す大なり小なりの「万人の万人に対する闘争」で消耗した精神を如何にリフレッシュさせるかは、次の生き残り戦の結果にも直結する一大事で御座いましょう。

そんな精神的回復手段をお求めの方にお勧めなのが、『GA-芸術科アートデザインクラス 』に御座います。現在2巻まで発売されている当作品は、高校の美術科(正確に言えば「芸術科アートデザインクラス」。略して「GA」)に通う5人の女の子たちの日々を中心に描いた4コマ漫画です。

柔らかくふんわりとした画風、カラーページの瀟洒な色使い、色彩や美術の小ネタ、個性溢れるキャラがガチで繰り広げる切れ味鋭いボケとツッコミの応酬。これらが点額法師個人が考える本作の魅力です。そんな個々の魅力が相乗効果を発揮することで、なんとも心地よい読み心地が醸し出されているように思えます。そんな本作に触れると、日々理と利の計算に明け暮れ、僅かな数値の揺らぎにすら大きく心を乱され、当局者やキー・パーソンの発言・声明の裏を勘ぐり、行間を読み解くことに血眼になっている生活で積もりに積もった心の凝りが一気に解きほぐされるような感覚を覚えます(寒風吹きすさぶ夜にホット・コーヒーを口にした時の感覚とでも申しましょうか・・・・)。

金融市場の風濤は止まず、実体経済の悪化も当面続きそうな状況だからこそ、強張りの解けた精神で臨んでいきたいもの。そんな時によく効く一冊です。