2009年2月17日火曜日

第二百十六段 その時事務方は?

・己れを行うに恥あり、四方に使いして君命を辱めざる、士と謂うべし。
―――孔子 『論語』

・君主にとって、厳重の上にも厳重に警戒しなければならないことは、軽蔑されたり見くびられたりすることである。
―――マキアヴェッリ 『君主論』

日本の財務大臣にして金融担当大臣(事件発生時)の中川昭一衆院議員の行状が世界の耳目と失笑を集めております。

事の発端は、2月15日のG7後の記者会見。そこでかの御仁が披露したのは、危機に臨む大臣の覚悟ではなく、記者団からの質問に対する時として支離滅裂な受け答え、ろれつの回らない有様でした。過去より飲酒癖のある人物として定評のあっただけに、「日本の財務大臣、酔っ払いでG7後の記者会見」と報じられ、満天下に恥をさらす形となったので御座います。

結局、中川昭一議員は予算成立後の大臣辞任を表明したものの、最終的には周りの圧力に屈して2月17日に辞表提出とあいなりました(因みに、事の顛末を報じたメディアは、 ABCやCNN、BBC、FT紙といった西側メディアのみならず、中国日報(中国)、Novosti(ロシア)、Gulfnews(UAE)、 HindustanTimes(インド)等々に及びました。まさに満天下まさにグローバル)。

そんな中川議員の問題の映像がYouTubeにあげられておりました
(まぁ、支持者の方が「みっともない所だけ集めて編集したんだろう」と噛み付く余地のあるものではありますが・・・・)

※今年の流行語大賞は「あのー・・・、ふぅ(溜息)」「どこだ?」で決まりか? ( ̄w ̄)

ただ、ここでふと思うのが、随行していた事務方の動き。もし、中川昭一議員が巷間言われているように酩酊状態にあったのだとしたら、恐らく一番初めに気付いたのは彼らの筈。成人した一般的な人間程度の判断力と推察力があれば、酩酊大臣を記者会見の場に臨ませれば、かなりみっともない状態になること、そしてその後に待っているであろう展開を想像するのはさして困難ではないかと思われます。

・愚者が誤った道を歩けば、愚かとみなしてよろしい。賢者が誤った道を歩けば、どうしてなのか考えてみる必要がある。
―――サキャ・パンディタ 『善説宝蔵論』(一般には『サキャ格言集』と呼ばれる)

上記のように古の聖賢も申しております。ここで拙い脳みそながら、「ロクでもない結果が予想されるのに、体調が万全ではない(婉曲的表現)財務大臣が記者会見に臨むことになったのは何故か?」を考えてみようかと思います。

<可能性1>
・単純に事務方が大臣の状態に気付かず、大臣を記者会見に臨ませてしまった。
→仮に大臣がろれつの回らないほどに酩酊していたのだとしたら、それなりに酒臭かったり、
 或いは事務方の誰かが大臣と言葉を交わした際に気付く筈。よってこの可能性は低い。

<可能性2>
・事務方は大臣の状態に気付いていたが、ここまで大事になるとは想像できなかった。
→一説に「100年に1度」ともいわれる金融危機、そしてそれによる日本の急激な景気悪化の
 中で開かれたG7。従って内外マスコミの注目も高かろうし、記者からそれなりの数の質問が
 飛んでくることは想像に難くない。そんな場所に酩酊大臣を出せばロクなことにならないこと
 は、成人した人間の一般的な判断力・推察力があれば想像がつく筈。よってこの可能性も
 低い。

<可能性3>
・事務方は大臣の状態に気付いており、その後に待っているであろう結果にもある程度見当が
 ついていた上で、大臣を記者会見に臨ませた。
→事務方の裏切りとも言えるケース。単純に考えればあまり成立しなさそうなケースある。
 しかも、日本のマスコミが伝える所では、中川議員が大臣を務める麻生内閣は、霞が関の言い
 なり。ならば<可能性3>は自分たちの手で自分たちの傀儡を痛めつけるような所業と言えよう。
 しかし、霞が関の思考や立場を想像すれば、
 ・中川議員を生贄にして、レームダック化した麻生政権との距離を「次」の勢力に示す。
 ・天下りや公務員人事制度に五月蠅くなってきた最近の麻生内閣は友好勢力とは呼べない。
 といった点で、<可能性3>が成立する余地はあると思われる。

点額法師の拙い脳みそで考え付く可能性はこのぐらい。その上、考え付いた中に正解があるかどうかも霧の中。衆に優れた人物であれば、もっと多くの可能性を考え、そこから正解を導き出せるのでしょうが、そこは世事に疎い遁世者の愚考ゆえひらにご容赦願いたく存じます。

さて、外にあってはグローバルに失笑を買い、内にあっては反麻生内閣勢力に附け込む隙を大いに与えた中川議員。そんな人物でありながら、恐らく地縁・血縁・既得権益に守られて次の衆院選も議席安泰が予想されるのが、日本という国の民主主義

国名に「民主主義」を冠したどこぞの独裁国家(主要産業:ミサイル)を笑っていられない・・・・・
( ̄w ̄;)