2009年7月10日金曜日

第二百九十八段 ウルムチの波紋

中国領の西辺、天然ガスと石油の宝庫にしてユーラシア中央部に睨みを利かせるための前線基地、そしてウイグル人を筆頭にイスラム教を奉じる少数民族が多く居住する新疆ウイグル自治区(省都ウルムチ)で7月5日に騒擾事件が発生し、7月8日には、イタリアでのサミットに参加予定であった胡錦濤国家主席は首脳国会議を蹴ってまで帰国の途に着くなど、事態は緊迫の度を増している。

そして武装警察のウイグル人に対する荒っぽい騒擾鎮圧や金曜礼拝の中止に対して、ウイグル自治区のみならず、世界中のイスラム教徒が中国政府への不満を高めつつある(金曜日はイスラム教にとっての安息日であり、集団礼拝が義務付けられている特別な日である)。

日本政府は9日に東京都内で開かれた「日中人権対話」で今回の騒擾事件を取り上げ、自治区住民に対する人権と基本的自由の尊重を中国側に要請したという。

ウイグル自治区の住民にとっては「ロクでもない事態」としか言いようのない今回の一件であるが、こと日本にとっては幾つかの点で悪い話ではない。というのも、ウイグル自治区での振る舞いで中国が世界中のイスラム教徒の反感を買うようになった場合、以下のことが考えられるからだ。


1.中東や北アフリカ、中央アジアやコーカサスといったイスラム教徒が多数を占める地域での、
  
中国のビジネスチャンスの減少(相対的に日本のビジネスチャンスが拡大する)。
2.中国の東方拡大の抑制(中国が西部地帯にリソースを回さざるを得なくなることで、
  日本との
係争が続く東シナ海ガス田地帯や尖閣諸島での中国の行動が抑制される)。
3.国際的イスラム過激派組織の目標の分散(非常に大雑把な話、目標が日米から
  日米中になることで、一国当たりのイスラム過激派による攻撃への遭遇率は低下する)。
4.中国の対日姿勢軟化(外交にあっては慎重居士の中国が、イスラム勢力を敵に回した
  状態で、同時に日本に対しても強硬姿勢に出ることは考えにくい)

実際、既にトルコではウイグル自治区騒擾事件に対する中国政府の行動に対する批判として、中国製品ボイコットの呼びかけが始まっているという。パキスタンの英字紙Business Recorderは以下のように伝えている。
ANKARA (July 10 2009): Turkey's Industry and Trade Minister on Thursday called on Turks to stop buying Chinese goods to protest the ethnic violence in Xinjiang province. Nihat Ergun's office said the minister asked Turks to boycott Chinese-made goods but that government had no plans for an official boycott.

``Let's check to see whether the country whose products we are consuming respects humanity,' the minister said during a visit to the central province of Yozgat, according to the private Dogan News Agency. Deputy Prime Minister Bulent Arinc accused Chinese militia forces of hunting down minority Muslim Uighurs.

Turks have close ethnic and cultural bonds to the Uighurs and Turkey has been vocal in its criticism of China despite growing economic ties to China. Arinc put the number of Uighurs based in Turkey at around 300,000. ``Now both the Chinese army is occupying the streets and militia called the Han Chinese, armed with batons and lethal instruments, are hunting down for Uighurs,' Arinc said. ``They are raiding homes, taking away children and women and there are a great number of deaths.'

``Unfortunately China, with its economic power, its influence and its power over world politics, is trying to cover up these incidents,' Arinc said. Arinc said he wanted China to investigate the events in a way ``that will not damage relations between China and Turkey.'

He said Turkey was prepared to help in the investigation. The rioting, sparked by a brawl between Uighur and Han Chinese factory workers, began Sunday and also left more than 1,000 injured. Uighurs beat Han - members of the majority ethnicity in China - and torched their shops and cars. After security forces quelled the riots, vigilantes on both sides attacked people in the regional capital Urumqi.

It was not known how many Uighurs and Han Chinese died. Turkish media and pro-Uighur associations however, have suggested that most of the victims were Uighurs, triggering daily protests outside Chinese diplomatic missions in Turkey. Several lawmakers have resigned from a Chinese-Turkish parliamentary friendship group in protest.(出典:Business Recorder

イスラム世界に反中感情が燃え上がるのが早いか、それとも中国が新疆の秩序を「正常化」するのが早いか、実に興味深い所である。

日本政府にとって対応が難しくなるのは、中国沿海部に出稼ぎに出て来ているウイグル人が騒擾やテロに走って沿海部の消費と生産に悪影響を及ぼしかねなくなった時であろう。中国沿海部の消費と生産は日本経済にとって重大な意味を有している。従って、そこが危機にさらされた場合、日本が既成秩序の担い手である北京政府支持に回るのは当然の帰結である。一方であまりに北京政府への肩入れが過ぎてしまうと、中国内におけるウイグル人等イスラム系少数民族の扱いに不満を募らせるイスラム諸国の心証を害してしまう危険性がある。原油の8割~9割を中東に依存する日本にとってそれは避けたい事態であろう。
中国をとるかイスラム教国をとるか、日本にとって実に悩ましいジレンマである。
中国が速やかに新疆の不満分子を平定してくれれば、日本がそのジレンマに悩むこともないのだが・・・。