2011年8月4日木曜日

第三百八十三段 「セラフィールドMOXプラント閉鎖」の報で思った由無し事

日本で発生した使用済み核燃料の再処理で重要な働きを果たしてきた英セラフィールドMOXプラントがどうやら閉鎖されるらしい。

World Nuclear Newsのサイトでは、8月3日付で以下のように報じている。

The manufacture of mixed oxide (MOX) nuclear fuel at Sellafield is to stop "at the earliest practical opportunity" to reduce the financial risks to British taxpayers from events in Japan.

The closure comes as a result of the Fukushima accident, which dramatically increased uncertainty for the ten Japanese utilities that had placed contracts for supplies of MOX fuel. This is made by combining uranium with plutonium recovered by reprocessing used nuclear fuel.

The Nuclear Decommissioning Authority (NDA), which owns all the UK state's nuclear assets, said it reviewed the risk profile for operation of Sellafield MOX Plant (SMP) and "concluded that in order to ensure that the UK taxpayer does not carry a future financial burden from SMP that the only reasonable course of action is to close SMP at the earliest practical opportunity."

Separately Areva last week announced the cancellation of orders for uranium and nuclear fuel amounting to €191 million ($273 million) as a result of the shutdown of reactors in Japan and Germany.

The NDA's move to close SMP will be a grave disappointment for the plant's 600 workers, who had celebrated success in raising performance to commercially acceptable levels. Despite being designed to produce 120 tonnes of fuel per year, it never operated properly and was downrated to just 40 tonnes per year. In its nine years of operation to 2010 it produced only 15 tonnes of fuel.

However, in 2010 the NDA and ten Japanese utilities agreed on a plan to refurbish the SMP "on the earliest timescale" using technology from France's Areva. A new rod manufacturing line was being installed which, as well as improving overall performance, was meant to ultimately replace the existing one.

The NDA's Sellafield site - including the SMP - is managed by Nuclear Management Partners, a consortium of URS of the USA, AMEC of the UK and Areva of France.

Taking the back-end forward

The two major elements in the UK's strategy for the back-end of the nuclear fuel cycle were SMP and the Thermal Oxide Reprocessing Plant (Thorp), at which used nuclear fuel is reprocessed to separate uranium and plutonium from wastes that go on to be vitrified ready for permanent disposal.

A document released in March 2010 highlighted that Thorp would require refurbishment or replacement to handle the complete inventory of used nuclear fuel it was built to process - all that coming from the fleet of Advanced Gas-cooled Reactors (AGR) as well as international contracts. Some 6600 tonnes of AGR fuel remains outstanding, with options for storing it unclear until a permanent repository is available in about 2030.

Simultaneously, the UK is considering the future of some 100 tonnes of civil plutonium, which is currently classified as a 'zero value asset'. A public consultation on this ran from February to May.

In late March the former science advisor to Tony Blair, Sir David King, presented a range of options which in essence showed it makes sense to produce MOX fuel from the plutonium. The question for the UK is whether it wants to offset the cost of this with extra savings and revenues from the potentially expensive return to the full nuclear fuel cycle that would come with a refurbishment of Thorp.

A cost-benefit analysis of a new MOX plant has been commissioned by the Department of Energy and Climate Change and a decision based on that is expected before the end of this year.


要は、 福島第1原発事故の発生により同プラントにとって最大の顧客である日本のプルサーマル計画の先行きが不透明となったことで、プラント運営に当たって将来的に納税者負担が発生する可能性が高まったことを受け、負担が現実化する前に英原子力廃止措置機関が”可及的速やか”なプラント閉鎖を決定したというもの。

これだけなら、「あ~、日本の使用済み核燃料の行き場がなくなっていくなぁ・・・・」という感想しか浮かばないのだが、そこに中国という要素を絡めてみると、また違った情景が浮かんでくるように思える。

この「英MOXプラント閉鎖」にどう中国が絡んでくるかというと、時間を若干遡ること去る今年7月23日、原子能科学研究院院長兼快堆産業化技術創新戦略聯盟理事長という中国原子力開発の指導的立場に立つ万鋼氏が「高速増殖炉技術・産業の発展に関する中長期目標」を提示した。そこでは、以下のような目標が掲げられていた。

1.2025年までに2~3基の商業用高速増殖炉を建設する(注1)。
2.2025年までに商業用MOX燃料製造工場を1つ建設する。
3.2025年までに加圧水炉使用済み燃料再処理工場を1つ建設する。

上記目標の中で特に注目したいのが2番目の「MOX燃料製造工場建設」である。で、今回英で運営停止が決まったのも「MOX燃料製造工場」。つまり、中国が「MOX燃料工場を建設するよ!」という意気込みを明らかにしたその直後、英国では長年MOX燃料を生産し続けてきたセラフィールドのプラント群が操業を停止、謂わば無用の長物と化すことになったわけで・・・・。
近年の中国がその巨大な外貨準備高の一部を利用して、あるいは国営企業等を通じて資源権益や外国の技術取得を積極的に行ってきたことを考えると、セラフィールドのMOXプラントの行き先についても「中国が触手を伸ばしてくるのでは?」という想像がどうしても脳裏に浮かんできてしまうのだ。

無論、安全保障とも密接に絡んだ核技術やその関連施設が自動車や家電の製造ラインと同じような感覚で売買されるとは全く思っていない。
しかし、それでも、それでもなお、中国が対外的にその経済力や「12億人市場」の魅力等を切り札として多少の障害なら強引に捩じ伏せて望みの結果を得てきたこと、そしてEU内で「対中武器禁輸措置解除論」が根強いことに代表されるように欧州諸国は東アジアのパワーバランスについて意外に無頓着であることを考え合わせた時、「中国がセラフィールドMOXプラント取得に動く」というシナリオを杞憂として一笑に付すことがどうしてもできないのである。

注釈
注1.中国は既に高速増殖炉CEFR(実験炉)を稼働させている。同炉は2010年7月21日に臨界を迎え、2011年7月21日には電力供給を開始している。

参考資料
・World Nuclear News 「Sellafield MOX plant to close 」 2011年8月3日
・World Nuclear News 「Chinese fast reactor starts supplying electricity 」 2011年7月21日
・東西貿易通信社 「East & West Report」No.11029 2011年8月1日