2012年1月13日金曜日

第四百三十四段 シリアを巡るイランとヒズボラの不一致?

米無人偵察機のイラン軍による捕獲、ホルムズ海峡を巡る米・イラン両国の鞘当て、GCC諸国の米国からの兵器大規模購入、イラン国内における核専門家の爆殺等等で緊張の高まる中東情勢。結局当該ブログ第四百二十三段で提示した「イランと米国・イスラエルの緊張は意外に早く収束するのではないか?」という見方は完全に外れた形だが、それでも懲りずにまた中東についての将来予測的な要素を含んだ話を一つ・・・・。

昨年1月下旬から発生したシリア動乱を巡るイランとヒズボラの動きについて、最近2つの興味深い報道が流れた。

一つはイスラエル紙Jerusalem Postのサイトに掲載されたもので、イスラエル国防軍情報部長官が「イランとヒズボラが武器供給等でシリア・アサド政権を積極的に支援している」という見解を示したというもの。以下がその記事本文となる

Military Intelligence chief Maj.-Gen. Aviv Kochavi says "radical axis" becoming more actively involved in Assad's violent crackdown.

Iran and Hezbollah are actively assisting Syrian President Bashar Assad and providing him with weaponry as part of an effort to ensure that he survives in the face of growing resistance and protests, head of Military Intelligence Maj.-Gen. Aviv Kochavi said on Wednesday.

Kochavi spoke at the graduation ceremony for IDF intelligence officers.

“The radical axis is trying to retain its power and as time passes, Iran and Hezbollah increase their efforts to help the Assad regime survive by providing knowledge, weaponry and other capabilities,” Kochavi said.

The IDF intelligence chief said it was possible that in the long term the ongoing upheaval in the Middle East would have a positive outcome, but in the immediate term “the dangers are increasing.”

Kochavi’s comments came a day after Turkish customs officials intercepted four trucks suspected of carrying military equipment from Iran to Syria.

The governor of the Kilis province said the trucks were confiscated at the Oncupinar border crossing into Syria after police received information about their cargo, according to Dogan news agency.

Jerusalem Post 2012年1月11日より

そもそもアサド(父)前シリア大統領の時代から、シリアとイラン及びヒズボラは親密な協力関係下にあった。一方は社会主義経済とアラブ民族主義を掲げるバース党政権、もう一方はイスラム法学者による直接統治を掲げるイスラム革命体制とイデオロギー的には水と油とも言える彼らが手を結んだのは、反米意識の共有とサダム・イラク、イスラエル、トルコに対する警戒心(敵対心)によるものであった。
それを考えれば、国内反体制派の蜂起に手こずる現シリア政権に対し、イランやその影響下にあるヒズボラが支援を行うというのは至極当然の話のようにも思える。

しかし、2つ目に取り上げる記事では、シリアと実質的な同盟関係にあるイランから物心両面で強い影響を受けていると目されているヒズボラについて、上記のJerusalem Post記事と相反するような内容が記されている。それが以下に掲示するal bawadaの記事である。

Lebanese security sources have confirmed that "dozens of members of Shiite Hizbullah and Amal movement are involved in smuggling arms across the Syrian border to the rebels." These elements buy the weapons in Lebanon and Libya and smuggle it to the "Free Syrian Army", mainly to Damascus countryside and Homs.

The sources pointed out that "the leaders of Hizbullah in the southern suburbs of Beirut and the Bekaa, arrested a number of these cadres and seized some of the arms shipments." According to the sources, the smugglers use the same illegal border crossings used by Hizbullah for the past 10 years to smuggle Iranian arms for the Syrian regime

The sources noted that officers of the regime's Syrian army have been facilitating the entry of the smuggled arms to the rebels in return from money deducted from the profits generated by the Hizbullah smugglers.

Lebanese security sources revealed also that "military units loyal to the Syrian government killed over the recent period a number of smugglers trying to deliver arms to the rebels in the town of Zabadani, close to the Syrian Lebanese border. In one case near Lebanon's northern border, a number of Hizbullah members including a truck loaded with weapons were seized. In addition, Syrian forces arrested several Syrian officers, including one in the rank of colonel, who were involved in the operation.

In a related development, a former member in Amal movement conveyed that "there are senior political figures in the Syrian ruling Baath Party who are involved in the arms smuggling to the rebels. The main sources of these illegal weapons are Lebanon, Iraq, Jordan and Turkey. Senior bankers, businessmen and traders contribute to financing the purchase of weapons and smuggling into Syria. They choose to make this in order to secure their future in the event of the success of the revolution and the downfall of the (Syrian President) Bashar al-Assad. "

al bawada 2012年1月11日
シリアに隣接する「レバノン治安筋」を情報源とする当該記事は、ヒズボラやアマルといったレバノンにおけるイスラム教シーア派組織(両組織ともイランとの関係が深いとされる)に属するメンバーの多くが、国境を超えてシリア政府軍内応者の手引を受けつつ反アサド派組織「自由シリア軍」に武器を密輸していると伝えている。

この一見相反したJerusalem Post記事とal bawada記事の内容、どちらかが誤報虚報の類と考えれば話は単純で、前者のみが事実だとしたらヒズボラやその背後にいると目されているイランは依然としてアサド政権存続にベットし続けているのだと考えられるし、後者のみが事実だとすればイランとヒズボラ等はアサド政権の崩壊も視野に入れて動き始めたと考えられる。

では両報道が共に事実だということは、つまりイランとヒズボラは公式にはアサド政権支持を打ち出し、裏側ではヒズボラ等が反アサド派に武器を密輸しているということは果たしてあり得るのだろうか?

ここでイランとヒズボラの置かれた状況の違いを概観してみると、前者は中東でトップクラスの人口(約7500万人)と広大なペルシャ高原ほぼ全体を押さえる国民国家でシリアとはイラクという緩衝地で隔てられている。もう一方は小国レバノン(総人口約425万人)の一勢力であってしかもそのレバノンはシリアと直接国境を接している。
斯くの如く対照的とも言える両者の地政的状況の相違が、無条件にアサド政権を支持するイランと表立ってはアサド政権を支持しながらも裏で反アサド派とも気脈を通じようとするヒズボラといった具合にシリアへの対応を巡るシーア派勢力内の不一致を生んでいる可能性は十分にあると考えられる。

そしてこのイランとヒズボラ等とのシリアを巡る不一致は、今後の帰趨が不透明なシリア情勢において一種の両建て、リスク・ヘッジとして機能すると予測される。即ち、仮に今回のシリア動乱でアサド政権が生き残った場合には、公式にアサド政権支持を打ち出してきたイラン政府が反体制派への武器密輸でアサド政権の不興を買ったヒズボラの立場を取りなし、また逆に反アサド派が勝利した場合には、武器密輸を通じて彼らと気脈を通じてきたヒズボラが今までのアサド政権支持政策でシリア新支配者の不興を買ったイランの立場をとりなすといった具合に。(無論、それがイランやヒズボラがどこまで意図的に動いた結果なのかについては大いに議論の余地があろう)

参考資料
・al bawada 「Sources: Hizbullah, al Baath members involved in arms smuggling to Syrian rebels」 2012年1月11日
・Jerusalem Post 「'Iran, Hezbollah providing weaponry to Assad'」 2012年1月11日